○豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則
昭和46年3月31日規則第5号
改正
昭和53年9月26日規則第28号
昭和54年3月20日規則第5号
昭和61年3月31日規則第13号
平成5年3月31日規則第38号
平成8年5月31日規則第28号
平成10年3月20日規則第7号
平成12年10月6日規則第75号
平成13年1月4日規則第1号
平成13年11月5日規則第55号
平成14年8月1日規則第51号
平成16年3月31日規則第25号
平成17年4月1日規則第25号
平成18年1月31日規則第39号
平成27年3月31日規則第40号
平成28年3月31日規則第49号
豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則
(趣旨)
第1条 この規則は、豊川市障害者のしあわせを高める手当条例(昭和46年豊川市条例第2号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき、条例の施行について必要な事項を定めるものとする。
(認定の申請)
第2条 条例第4条の規定により受給資格の認定を受けようとする者は、障害者のしあわせを高める手当受給資格認定申請書(様式第1号)を、次に掲げる手帳又は書類を提示し、又は添付して市長に提出しなければならない。
(1) 条例第2条第1号アに規定する者については、その者の身体障害者手帳
(2) 条例第2条第1号イに規定する者については、厚生労働大臣の定めるところにより交付された療育手帳
(3) 条例第2条第1号ウに規定する者については、その者の精神障害者保健福祉手帳
(4) 保護者については、障害者を養護していることを証明する書類
(認定等の通知)
第3条 市長は、受給資格があると認めるときは障害者のしあわせを高める手当受給資格認定通知書(様式第2号)により、受給資格がないと認めるときは障害者のしあわせを高める手当受給資格不認定通知書(様式第3号)により、それぞれ申請者に通知するものとする。
(状況変更の届出)
第4条 条例第5条に規定する受給資格者(以下「受給資格者」という。)は、次の各号のいずれかに該当するときは、障害者のしあわせを高める手当状況変更届(様式第4号)により、速やかに市長に届け出なければならない。
(1) 障害者又は保護者の住所又は氏名に変更があったとき。
(2) 豊川市障害者のしあわせを高める手当(以下「手当」という。)を振り込むべき金融機関の口座に変更があったとき。
(支給額変更の通知)
第5条 市長は、手当の支給額を変更したときは、障害者のしあわせを高める手当変更通知書(様式第5号)により、受給者(手当の支給を受けている者をいう。以下同じ。)に通知するものとする。
(受給資格喪失の届出)
第6条 条例第5条第2項の規定による届出は、障害者のしあわせを高める手当受給資格喪失届(様式第6号)によるものとする。
2 受給資格者たる保護者が死亡したときは、新たに保護者となった者が前項の届出をするものとする。
(受給資格喪失の通知)
第7条 市長は、受給資格者が受給資格を喪失したときは、障害者のしあわせを高める手当受給資格喪失通知書(様式第7号)により、受給資格者(受給者が死亡したときは、条例第5条第2項ただし書又は前条第2項の規定により届出をした者)に通知するものとする。
(条例第8条第1項の規則で定める額)
第8条 条例第8条第1項に規定する規則で定める額は、360万4,000円とする。
(手当の支給を制限する場合の所得の範囲及びその額の計算方法)
第9条 条例第8条第2項に規定する所得の範囲及びその額の計算方法は、地方税法(昭和25年法律第226号)第314条の3第1項に規定する課税総所得金額の計算の例による。
(支給停止等の通知)
第10条 市長は、条例第8条又は第9条の規定により手当の支給を停止し、又は制限したときは、障害者のしあわせを高める手当支給停止・制限通知書(様式第8号)により、受給者に通知するものとする。
(手当の返還)
第11条 市長は、条例第10条第1項の規定により既に支給した手当を返還させるときは、障害者のしあわせを高める手当返還請求書(様式第9号)により、受給者に通知するものとする。
2 前項の通知を受けた受給者は、市長の指示に従い手当を返還しなければならない。
(未支給手当の請求)
第12条 条例第11条の規定により未支給の手当の支給を受けようとする者は、障害者のしあわせを高める手当未支給手当請求書(様式第10号)を市長に提出しなければならない。
附 則
1 この規則は、昭和46年4月1日から施行する。
2 豊川市心身障害児のしあわせを高める手当条例施行規則(昭和45年豊川市規則第4号。以下「旧規則」という。)は、廃止する。
3 この規則施行前に、旧規則によりなされた手続は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。
附 則(昭和53年9月26日規則第28号)
この規則は、昭和53年10月1日から施行する。
附 則(昭和54年3月20日規則第5号)
この規則は、昭和54年4月1日から施行する。
附 則(昭和61年3月31日規則第13号)
この規則は、昭和61年4月1日から施行する。
附 則(平成5年3月31日規則第38号)
この規則は、平成5年4月1日から施行する。
附 則(平成8年5月31日規則第28号)
この規則は、平成8年6月1日から施行する。
附 則(平成10年3月20日規則第7号)
1 この規則は、平成10年4月1日から施行する。
2 この規則の施行の際現に改正後の豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則に規定する様式に相当する従前の様式による用紙があるときは、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則(平成12年10月6日規則第75号)
この規則は、公布の日から施行する。ただし、第2条第2号の改正規定中「厚生大臣」を「厚生労働大臣」に改める部分は、平成13年1月6日から施行する。
附 則(平成13年1月4日規則第1号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成13年11月5日規則第55号)
1 この規則は、公布の日から施行する。
2 改正後の豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則第8条の規定は、平成13年8月以後の月分の手当の支給の制限について適用し、同月前の月分の手当の支給の制限については、なお従前の例による。
附 則(平成14年8月1日規則第51号)
1 この規則は、公布の日から施行する。
2 改正後の豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則第8条の規定は、平成14年8月以後の月分の手当の支給の制限について適用し、同月前の月分の手当の支給の制限については、なお従前の例による。
附 則(平成16年3月31日規則第25号)
1 この規則は、平成16年4月1日から施行する。
2 この規則の施行の際現にこの規則による改正後の豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則に規定する様式に相当する従前の様式による用紙があるときは、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則(平成17年4月1日規則第25号)
(施行期日)
1 この規則は、公布の日から施行する。
(経過措置)
2 この規則の施行の際現にこの規則による改正後のそれぞれの規則に規定する様式に相当する従前の様式による用紙があるときは、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則(平成18年1月31日規則第39号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成27年3月31日規則第40号)
1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。
2 この規則の施行の際現にこの規則による改正後の豊川市障害者のしあわせを高める手当条例施行規則に規定する様式に相当する従前の様式による用紙があるときは、当分の間、これを取り繕って使用することができる。
附 則(平成28年3月31日規則第49号)
この規則は、平成28年4月1日から施行する。
様式第1号(第2条関係)
様式第1号
様式第2号(第3条関係)
様式第2号
様式第3号(第3条関係)
様式第3号
様式第4号(第4条関係)
様式第4号
様式第5号(第5条関係)
様式第5号
様式第6号(第6条関係)
様式第6号
様式第7号(第7条関係)
様式第7号
様式第8号(第10条関係)
様式第8号
様式第9号(第11条関係)
様式第9号
様式第10号(第12条関係)
様式第10号