○上山市経塚斎場条例
昭和56年3月27日条例第14号
改正
昭和60年3月23日条例第11号
平成元年3月28日条例第13号
平成3年9月30日条例第16号
平成8年3月29日条例第11号
平成9年3月31日条例第9号
平成11年3月26日条例第9号
平成17年12月20日条例第42号
平成24年6月15日条例第22号
上山市経塚斎場条例
(目的)
第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2の規定により、斎場の設置及び管理について必要な事項を定めることを目的とする。
(名称及び位置)
第2条 斎場の名称及び位置は、次のとおりとする。
(1) 名称 上山市経塚斎場
(2) 位置 上山市鶴脛町字粕ィ935番1
(使用の許可)
第3条 上山市経塚斎場(以下「斎場」という。)を使用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。
(使用料)
第4条 斎場を使用しようとする者は、別表に掲げる区分に従い使用料を前納しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。
(使用料の減免)
第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者については、その者の申請により当該使用料を減免することができる。
(1) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の適用を受けている者
(2) その他特別の事情があると市長が認めた者
(使用料の還付)
第6条 既納の使用料は、還付しない。ただし、市長が正当の理由があると認めたときは、既納の使用料の全部又は一部を還付することができる。
(損害の賠償)
第7条 使用者及び参集者は、自己の責に帰すべき理由により施設を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。
(管理)
第8条 市長は、斎場の管理を委託することができる。
(委任)
第9条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は別に定める。
附 則
(施行期日)
1 この条例は、昭和56年6月1日から施行する。
(上山市火葬場条例の廃止)
2 上山市火葬場条例(昭和39年条例第10号。以下「旧条例」という。)は、廃止する。
(経過措置)
3 この条例の施行日前において使用の許可を受け、その使用がこの条例の施行日以後となる場合における使用料の額については、旧条例の規定にかかわらずこの条例を適用することとし、当該条例に定める使用料を徴収するものとする。
附 則(昭和60年3月23日条例第11号)
この条例は、昭和60年4月1日から施行する。
附 則(平成元年3月28日条例第13号)
この条例は、平成元年4月1日から施行する。
附 則(平成3年9月30日条例第16号)
この条例は、平成3年10月1日から施行する。
附 則(平成8年3月29日条例第11号)
この条例は、平成8年4月1日から施行する。
附 則(平成9年3月31日条例第9号)
この条例は、平成9年4月1日から施行する。
附 則(平成11年3月26日条例第9号)
この条例は、平成11年4月1日から施行する。
附 則(平成17年12月20日条例第42号)
この条例は、平成18年4月1日から施行する。
附 則(平成24年6月15日条例第22号)
この条例は、平成24年7月9日から施行する。
別表
斎場使用料
1 火葬施設使用料

区分

種別

単位

使用料

本市の住民

本市以外の住民

死体の火葬

      

10歳以上

1体

無料

38,000

10歳未満

1体

無料

27,000

死産児

1胎

無料

16,000

人体の一部及び胎盤

人体の一部

  

無料

3,800

胎盤

産婦1人分

無料

3,800

待合室を式場として使用する場合

  

  

1室

1,570

3,870


備考
1 この表中「本市の住民」とは、死亡者が死亡時において、上山市の住民基本台帳に登録されていた者をいい、「本市以外の住民」とは、それ以外の者をいう。
2 待合室を式場として使用する場合の使用料は、2時間30分を単位とし、所定の時間を超えて使用する場合の使用料は、1時間(1時間未満の端数については、1時間とする。)を超えるごとに当該使用料の額に630円を加算した額とする。
2 焼却施設使用料

区分

単位

使用料

    

1匹

7,000

猫(これらに類する小動物)

1匹

3,500