条文目次 このページを閉じる


○石狩市地域防災計画検討委員会設置要綱
平成8年9月5日要綱第29号
〔注〕平成19年から改正経過を注記した。
石狩市地域防災計画検討委員会設置要綱
(設置)
第1条 石狩市地域防災計画を総合的に見直すとともに、地震等の対策として早急に取り組むべき事項について取りまとめるため、石狩市地域防災計画検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
(所掌事項)
第2条 委員会は、次の事項について調査及び検討を行うものとする。
(1) 石狩市地域防災計画の見直しに関する市の素案の作成に関すること。
(2) 石狩市地域防災計画に基づく災害対応マニュアルに関すること。
(3) 地震・津波に関わる行動計画に関すること。
(4) その他市長が特に必要と認めること。
(組織)
第3条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって組織する。
2 委員長は、市長をもって充てる。
3 副委員長は、副市長をもって充てる。
4 委員は、石狩市行政組織規則(平成19年規則第45号)第14条第1項に定める部長、市長政策室長、企業誘致室長、こども室長、水道室長、会計管理者、議会事務局長、農業委員会事務局長、選挙管理委員会事務局長、監査事務局長及び教育委員会生涯学習部長をもって充てる。
5 市長は、前項に定めるもののほか、石狩北部地区消防事務組合石狩消防署長を委員に委嘱する。
一部改正〔平成19年要綱57号・74号・106号〕
(委員長等)
第4条 委員長は、委員会を統括し、委員会会議の議長となる。
2 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるときはその職務を代理する。
(専門部会)
第5条 委員会は第2条に掲げる事項について専門的に調査及び検討を行うため、必要に応じて専門部会(以下「部会」という。)を設けることができる。
2 部会は、委員会の委員及び関係職員のうちから委員長が指名し、又は委嘱した者をもって組織する。
3 部会に部会長及び副部会長を置き、部会を組織する委員のうちから委員長が指名する。
4 部会長は、部会の事務を掌握し、部会会議の議長となる。
5 副部会長は、部会長を補佐し、部会長に事故あるときはその職務を代理する。
6 部会長は、部会における調査及び検討の経緯及び結果を委員長に文書をもって報告する。
(会議)
第6条 委員会は委員長が、部会会議は部会長が、それぞれ招集する。
2 委員長及び部会長は、必要に応じて会議に関係職員の出席を求めることができる。
(事務局)
第7条 委員会の事務局は、総務課に置く。
(委任)
第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が定める。
附 則
この要綱は、平成8年9月5日から施行する。
附 則(平成13年5月1日要綱第26号)
この要綱は、平成13年5月1日から施行する。
附 則(平成19年4月19日要綱第57号)
この要綱は、平成19年4月19日から施行する。
附 則(平成19年4月19日要綱第74号)
この要綱は、平成19年4月19日から施行する。
附 則(平成19年9月27日要綱第106号)
この要綱は、平成19年10月1日から施行する。



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる