条文目次 このページを閉じる


○特認指定校入学取扱規程
平成3年3月13日教育長訓令第7号
特認指定校入学取扱規程
(目的)
第1条 この訓令は、石狩市立学校通学区域規則(昭和51年教育委員会規則第1号。以下「規則」という。)第3条ただし書の規定に基づき、保護者からの特認入学の申立てによる通学すべき学校の指定の変更に関して必要な事項を定めることを目的とする。
(特認指定校)
第2条 特認入学指定校(以下「特認指定校」という。)は、次のとおりとする。

名称

位置

石狩市立生振小学校

石狩市生振375番地1

(学校指定変更申立て)
第3条 保護者が学校指定変更申立てを行うときは、規則第4条に規定する学校指定変更申立書に特認指定校及び通学すべき学校の校長の意見書(以下「意見書」という。)(別記第1号様式)及び通学状況届(別記第2号様式)を添えて行うものとする。
(校長意見)
第4条 特認指定校の校長は、特認入学を申し立てる保護者及び児童と面接を行い、適当であるか意見書を作成する。
2 通学すべき学校の校長は、保護者の申立てが適当であるか意見書を作成する。
(入学者の定数)
第5条 特認指定校は、1学年1学級とし、特認入学の児童を含めた場合の1学級定数は、16人とする。
(入学者)
第6条 特認指定校の入学者は、次の各号のいずれにも該当する児童とする。
(1) 小規模校での教育が適当と保護者が申立てた、通年通学が可能である心身とも健康な児童
(2) 原則として、登下校時において保護者が送迎することができる児童
(入学の取消し)
第7条 教育委員会は、特認入学を認めた後、申立ての事実と異なり、又は前条に規定する要件に該当しないと認められるときは、入学を取り消すことができる。
(その他)
第8条 この訓令で定めるもののほか必要な事項は、教育長が別に定める。
附 則
この訓令は、平成3年4月1日から施行する。
附 則(平成8年8月29日教育長訓令第9号)
この訓令は、平成8年9月1日から施行する。
附 則(平成8年8月29日教育長訓令第10号)
この訓令は、平成8年9月1日から施行する。
別記第1号様式(第3条関係)
別記第2号様式(第3条関係)



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる