条文目次 このページを閉じる


○石狩市公用文規程
昭和50年4月12日訓令第2号
〔注〕平成19年から改正経過を注記した。
石狩市公用文規程
(趣旨)
第1条 本市における公用文の作成に当たっては、別に定めがあるもののほか、すべてこの訓令の定めるところによる。
(表現等)
第2条 文体は、「である」又は「ます」を基調とする口語体を用い、左横書きを原則とする。
2 文章は、なるべく区切って短かくし、接続詞や接続助詞などを用いて長くなることを避ける。
3 文の飾り、あいまいな言葉、回りくどい表現を避け、簡潔で分かりやすい表現とする。
4 用語は、誤解の多い漢語、略語などを避け、日常使用される易しいものを用いる。
第3条 削除
(文字)
第4条 文章は、漢字と平仮名を交えて用いることを原則とする。ただし、外国の人名、地名及び外国語からの借用語等には片仮名を用いる。
2 漢字(固有名詞、専門用語及び特殊用語を除く。)及び仮名遣いは、次の内閣告示による。
(1) 常用漢字表(昭和56年内閣告示第1号)
(2) 現代仮名遣い(昭和61年内閣告示第1号)
(3) 送り仮名の付け方(昭和48年内閣告示第2号)
(数字)
第5条 数字は、原則として、アラビア数字を用いる。ただし、縦書きの文書にあっては漢数字を用いることがある。
2 数字のけたは、3位ごとに区切るものとする。ただし、年号等は、区切りを付けない。
(記号)
第6条 文章には、文字及び数字のほか、次の記号を用いる。
(1) 「。」(まる)及び「、」(てん)
文の区切りを示す場合に用いる。
(2) 「,」(コンマ)
数字のけたの区切りに用いる。ただし、漢数字のけたの区切りには「、」を用いる。
(3) 「.」(ピリオド)
小数点を示す場合及び省略していることを示す場合などに用いる。ただし、縦書きの文書の小数点を示す場合にあっては、「・」を用いる。
(4) 「・」(なかてん)
事物の名称を列記する場合及び外国の地名、人名等の区切りに用いる。
(5) 「:」(コロン)
次に続く説明文又はその他の語句があることを示す場合に用いる。ただし、縦書きの場合には用いない。
(6) 「~」(なみがた)
起点及び終点を示す場合に用いる。
(7) 「―」(ダッシュ)
語句の説明、言い替え及び丁目番地等を省略する場合に用いる。
(8) 「()」(かっこ)
語句又は文の後に特に注意を加える場合及び見出し、その他簡単な独立した語句を掲記する場合などに用いる。
(9) 「「」」(かぎかっこ)
引用する語句又は文及び特に明示する語句を差し挟む場合に用いる。
(10) 「々」又は「〃」(繰り返し)
「々」は、漢字1字の繰り返しに、「〃」は、表や簿記などだけに用いる。「ゝ」や「ゞ」は用いない。
(11) 見出し記号
見出し記号の種類及び用い方は、次のとおりとする。
ア 一般文書の場合
第1×見出しの種類が少ないときは次の1からとする。
1×見出しは順に1字分下げて書きだす。
備考 ×印は空白にする字数を示す(以下同じ。)。
イ 条例、規則等条文形式をとる場合 別に定める。
一部改正〔平成19年訓令4号〕
(起案文)
第7条 起案をする場合は、特に次の点に注意しなければならない。
(1) 件名 一見してその内容又は趣旨が具体的に分かるようにし、できるだけ簡潔な標題とする。また、「照会」、「回答」、「報告」など文書の性質を表す語を括弧書きで示す。
(2) 前議 立案の趣旨又は理由などを述べるものであるが、簡単に要領よく具体的に説明し、立案に関する法令等があるときは、それらの条項を引用しておく。ただし、軽易な事項又は定例的なものは前議を省略することができる。
(3) 本文 本文は、主文と記又は別記とに分けた方がよく、記又は別記の部分はできるだけ箇条書きにする。
(4) 参考又は資料 本文の後に付ける。
(議案)
第8条 議案を作成する場合は、次の点に注意しなければならない。
(1) 文字 文字はすべて黒色とし、活字の大きさは12ポイントを原則とする。ただし、印刷及び製本を外注する議案については、この限りでない。
(2) 用紙 日本工業規格A列4番とし、表裏両面に印刷することを原則とする。
(3) とじ方 2枚以上になる場合には、上側又は左側をホッチキスでとじる。ただし、印刷及び製本を外注する議案は、この限りでない。
一部改正〔平成19年訓令4号〕
(書式及び文例)
第9条 法規文書、令達文書、公示文書、一般文書及び議案の書式及び文例は、別に定める。
一部改正〔平成19年訓令4号〕
附 則
1 この規程は、公布の日から施行する。
2 石狩町公文例規程(昭和35年訓令第3号)は、廃止する。
附 則(昭和57年6月4日訓令第6号)
この訓令は、公布の日から施行する。
附 則(平成6年2月28日訓令第1号)
この訓令は、平成6年3月1日から施行する。
附 則(平成8年8月30日訓令第17号)
1 この訓令は、平成8年9月1日から施行する。
2 この訓令の施行に関し必要な経過措置については、市長が別に定める。
附 則(平成8年8月30日訓令第18号)
この訓令は、平成8年9月1日から施行する。
附 則(平成9年3月31日訓令第5号)
1 この訓令は、平成9年4月1日から施行する。
2 この訓令による改正後の石狩市公用文規程別記の規定は、この訓令の施行の日以後に公布され、制定され、公示され、又は提出される法規文書、令達文書、公示文書、一般文書及び議案について適用し、同日前に公布され、制定され、公示され、又は提出される法規文書、令達文書、公示文書、一般文書及び議案については、なお従前の例による。
附 則(平成19年4月27日訓令第4号)
1 この訓令は、平成19年6月1日から施行する。
2 この訓令による改正後の石狩市公用文規程の規定は、この訓令の施行の日以後に公布され、制定され、公示され、又は提出される法規文書、令達文書、公示文書、一般文書及び議案について適用し、同日前に公布され、制定され、公示され、又は提出される法規文書、令達文書、公示文書、一般文書及び議案については、なお従前の例による。



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる