○塩尻市みんなで支える自治会条例
平成23年3月24日条例第6号
塩尻市みんなで支える自治会条例
(目的)
第1条 この条例は、自治会が担う地域づくりに関する基本理念及びその地域づくりに必要な事項を定め、協働のまちづくりの推進に寄与することを目的とする。
(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 市民 市内に居住する者をいう。
(2) 自治会 一定の地域の市民が、その総意に基づき活動する自治組織としての区をいう。
(3) 事業者 その自治会の区域内に事務所又は事業所を有する個人及び法人をいう。
(4) 地域活動団体 その自治会の区域内において主に活動する団体をいう。
(基本理念)
第3条 地域づくりは、生活の場を単位として相互に協力する関係がその地域に暮らす市民によって自主的に築かれる必要があり、自治会がその主体を担うという認識のもと推進されなければならない。
(市の役割)
第4条 市は、前条に定める基本理念(以下「基本理念」という。)にのっとり、協働のまちづくりの推進のために、必要な施策を実施しなければならない。
(市民の役割)
第5条 市民は、基本理念にのっとり、自らが居住する地域の自治会に加入するものとする。
2 市民は、自治会が行う活動(以下「活動」という。)に参画するよう努めるものとする。
(自治会の役割)
第6条 自治会は、基本理念にのっとり、市民が参加しやすい活動を行うよう努めなければならない。
(事業者及び地域活動団体の役割)
第7条 事業者及び地域活動団体は、基本理念にのっとり、活動に協力するよう努めるものとする。
(委任)
第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。
附 則
この条例は、平成23年4月1日から施行する。