条文目次 このページを閉じる


○おおとよ創生総合戦略推進会議設置要綱
平成27年7月1日大豊町要綱第42号
おおとよ創生総合戦略推進会議設置要綱
(目的)
第1条 まち・ひと・しごと創生法(平成26年律第136号)第10条に基づく、市町村まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「地方版総合戦略」という。)の策定やこれに基づく施策の検証に関し、住民、学識経験者及び各種団体等から意見を聴取するため、おおとよ創生総合戦略推進会議(以下「推進会議」という。)を設置する。
(所掌事項)
第2条 推進会議は、次に掲げる事項ついて協議する。
(1) 地方版総合戦略の策定に関すること。
(2) 地方版総合戦略に基づく各種施策の検証に関すること。
(3) 前2号に定めるものほか、地方創生の推進に関すること。
(組織)
第3条 推進会議は、10人以内をもって組織し、次に掲げる者のうちから町長が委嘱する。
(1) 地方創生に関心のある住民
(2) 学識経験を有する者
(3) 各種団体等の役員又は職員
(4) 前3号に掲げるもののほか、町長が必要と認めた者
2 推進会議に委員長及び副委員長を置く。
3 委員長及び副委員長は、委員の互選により選出する。
4 委員長は、推進会議を代表し、会務を総理する。
5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故あるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。
(委嘱期間)
第4条 委員の委嘱期間は、2年以内とする。ただし、補欠委員の委嘱期間は、前委員の残任期間とする。
2 委員は、再委嘱することができる。
(会議)
第5条 推進会議の会議(以下「会議」という。)は、町長が招集する。
2 会議の議事は、出席委員の多数決で決し、可否同数のときは、委員長が決するところによる。
3 会議には、委員のほか、町長が必要と認める者を出席させ、意見等を求めることができる。
(報償費等)
第6条 推進会議の委員に対し、1会議につき6,000円の謝礼(報償費)及び旅費(費用弁償)を支給することができる。
2 推進会議の委員以外の者が会議に出席した場合は、前項の規定を準用するものとする。
(庶務)
第7条 推進会議の庶務は、プロジェクト推進室において処理する。
(補則)
第8条 この要綱に定めるもののほか、推進会議に必要な事項は、町長が別に定める。
附 則
この要綱は、平成27年7月1日から施行する。



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる