条文目次 このページを閉じる


○おおとよの環境を守ろう条例
平成12年3月24日大豊町条例第3号
おおとよの環境を守ろう条例
(目的)
第1条 この条例は、大豊町ひいては地球のかけがえのない環境を良好な状態に保ち、次世代に引き継いでいくため、環境を考えた暮らしや事業活動に努めるとともに、ごみの投げ捨て等を防止し、地域の環境美化・保全活動の一層の推進を図り、町民の良好な生活環境を確保し、清潔で美しいまちづくりを目指すことを目的とする。
(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) 町民等 町内に居住し、若しくは滞在し、又は町内を通過するものをいう。
(2) 事業者 町内で事業活動を行うすべてのものをいう。
(3) 団体 町民等又は事業者を構成員として活動する団体及びこれらの連合体をいう。
(4) 土地占有者等 土地を所有し、又は管理するものをいう。
(5) 公共の場所等 道路、河川、公園、広場その他の公共の場所及び他人が所有し、又は管理する土地、建物若しくは工作物をいう。
(6) 不要なアイドリング 自動車等を駐車又は停車する場合に、必要がないにもかかわらずエンジンを稼働させている状態をいう。
(7) 小型焼却炉 焼却炉のうち、火格子面積が0.5平方メートル未満のものをいう。
(8) 飲食料容器 飲食料を収納し、又は収納していた缶、びんその他の容器をいう。
(9) 吸い殻等 たばこの吸い殻、チューインガムの噛みかす、紙屑その他これらに類する飲食料容器以外のものをいう。
(町の責務)
第3条 町は、この条例の目的を達成するため、町民等、事業者又は団体の行う環境美化・保全に関する活動を支援し、各種施策(以下「施策」という。)を通じて清潔な環境の保持に努めるとともに、地域の環境美化・保全に関する意識の啓発をしなければならない。
(町民等の責務)
第4条 町民等は、家庭の外で自らが生じさせたごみは、持ち帰り又は回収容器等に収容することなどにより、自らの責任において適正に処分し、環境に配慮した生活をするよう努めなければならない。
2 町内に居住する者は、自宅の周辺において、清掃活動その他の環境美化に努めなければならない。
3 町民等は、この条例の目的を達成するため、町が実施する環境美化・保全に関する施策に協力しなければならない。
(事業者の責務)
第5条 事業者は、事業所及びその周辺等の事業活動を行う場所において、清掃活動その他の環境美化に努めるとともに、事業を営むにあたって、環境に配慮した事業活動をするよう努めなければならない。
2 飲食料容器及び吸い殻等の散乱の原因となるおそれのある物の製造、加工、販売等を行う事業者は、その散乱を防止するため、住民等に対する意識の啓発、回収容器の設置その他必要な措置を講ずるよう努めなければならない。
3 事業者は、この条例の目的を達成するため、町が実施する環境美化・保全に関する施策に協力しなければならない。
(団体の責務)
第6条 団体の代表者等は、団体の構成員に対し、環境美化・保全に関する意識の啓発を図るよう努めなければならない。
2 団体は、この条例の目的を達成するため、町が実施する環境美化・保全に関する施策に協力しなければならない。
(土地占有者等の責務)
第7条 土地占有者等は、その占有し、又は管理する土地の環境美化・保全に努めるとともに、町が実施する環境美化・保全に関する施策に協力しなければならない。
(全体の責務)
第8条 第4条から第7条に規定する者は、その責務を自覚し、互いに環境美化・保全に対する意識の高揚と連帯意識を高めるものとする。
(環境への配慮)
第9条 自動車等を使用する者は、自動車等からの窒素酸化物及び二酸化炭素等の排出を抑制するため、不要なアイドリングを停止するよう努めなければならない。
2 小型焼却炉を設置している者は、できる限りその使用を自粛し、やむを得ず焼却するときは、燃焼不適物を除外し、完全燃焼等の方法により環境に及ぼす影響を最小限にとどめるよう努めなければならない。
(禁止行為)
第10条 町民等又は事業者は、公共の場所等にみだりに飲食料容器又は吸い殻等、その他いかなるごみも捨ててはならない。
2 町民等又は事業者は、理由もなく自動車等を公共の場所等に放置し、若しくは放置させてはならない。またこれを放置し、若しくは放置させようとする者に協力してはならない。
3 犬の飼い主又は管理者は、公共の場所等に犬のふんを放置してはならない。
(通報)
第11条 不法に投棄されているごみ及び放置されている自動車等を発見した者は、町長にその旨を通報するように努めるものとする。
2 町長は、前項の通報を受けた場合において必要があると認めるときは、その内容を関係機関に通報、又は連携して適切な処置を講ずるものとする。
(勧告及び命令)
第12条 町長は、第9条の規定に違反している者に対し、環境美化・保全の促進を図るため必要な限度において、指導又は勧告することができる。
2 町長は、前項の規定による勧告を受けた者がその勧告に従わないときは、期限を定めてその勧告に従うことを命令することができる。
(公表)
第13条 町長は、前条の規定に基づく勧告を受けた者が、正当な理由なくその勧告に従わないときは、その旨を公表することができる。
(顕彰)
第14条 町長は、環境美化・保全の推進に貢献した町民等、事業者及び団体を顕彰することができる。
(罰則)
第15条 第12条第2項に規定する命令に違反した者は、5万円以下の過料に処する。
(委任)
第16条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。
附 則
この条例は、公布の日から施行し、平成12年6月1日から適用する。



このページの先頭へ 条文目次 このページを閉じる