○函館市勤労者総合福祉センター条例施行規則
平成15年8月28日規則第60号
改正
平成17年3月28日規則第14号
平成18年2月28日規則第6号
平成28年3月31日規則第49号
平成28年3月31日規則第51号
函館市勤労者総合福祉センター条例施行規則
(趣旨)
第1条 この規則は,函館市勤労者総合福祉センター条例(平成15年函館市条例第28号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。
(開館時間,休館日等)
第2条 函館市勤労者総合福祉センター(以下「センター」という。)の開館時間は,午前9時から午後9時までとする。ただし,市長が必要と認めるときは,変更することができる。
2 センターの休館日は,1月1日から1月3日までの日および12月31日とする。ただし,市長が必要と認めるときは,臨時に休館し,または休館日に臨時に開館することができる。
3 市長は,市長が指定する日においては,専用使用について,使用場所および使用時間を制限することができる。
(使用許可の申請)
第3条 専用使用について条例第5条第1項の許可を受けようとするものは,別記第1号様式の申請書により市長に申請しなければならない。
2 前項の申請は,次の各号に掲げる区分に応じ,当該各号に定める期間内にしなければならない。ただし,市長が特に認めるときは,この限りでない。
(1) 条例第4条第1項各号に規定するもの センターを使用しようとする日(以下「使用日」という。)の6月前の日の属する月の初日から使用日の前日まで
(2) 条例第4条第2項に規定するもの 使用日の3月前の日の属する月の初日から使用日の前日まで
3 個人使用について条例第5条第1項の許可を受けようとする者は,使用日において使用場所および使用時間について専用使用の許可を受けたものがいないことを確認のうえ,利用料金を添えて(回数券を使用する場合は,使用券1枚を提示して),市長に申請しなければならない。
(使用の許可等)
第4条 市長は,前条第1項の申請があった場合において,使用を許可したときは,別記第2号様式の許可書を当該申請をしたものに交付し,使用を許可しないときは,別記第3号様式の通知書により当該申請をしたものに通知するものとする。
2 市長は,前条第3項の申請があった場合において,使用を許可したときは,当該申請をした者に,別記第4号様式の使用券を交付し,または提示された使用券に押印して交付するものとする。
(許可書等の提示)
第5条 前条第1項の許可書の交付を受けたもの(以下「専用使用者」という。)または前条第2項の使用券の交付を受けた者(第12条第2項および第15条において「個人使用者」という。)は,当該許可書(次条第3項の許可書の交付を受けた場合にあっては,当該許可書を含む。)または当該使用券をセンターを使用する際常に携帯し,センターの係員からの求めに応じ,これを提示しなければならない。
(変更許可の申請等)
第6条 専用使用者は,許可を受けた事項を変更しようとするときは,別記第5号様式の申請書により市長に申請し,許可を受けなければならない。
2 前項の申請は,使用日の前日までにしなければならない。ただし,市長が特に認めるときは,この限りでない。
3 市長は,第1項の申請があった場合において,変更を許可したときは,別記第6号様式の許可書を当該申請をしたものに交付し,変更を許可しないときは,別記第3号様式の通知書により当該申請をしたものに通知するものとする。
(使用中止の届出)
第7条 専用使用者は,センターの使用を中止しようとするときは,別記第7号様式の届出書により市長に届け出なければならない。
第8条から第10条まで 削除
(特別設備等の申請等)
第11条 条例第10条の許可を受けようとするものは,別記第12号様式の申請書により市長に申請しなければならない。
2 市長は,前項の申請があった場合において,特別の設備等を許可したときは,別記第13号様式の許可書を当該申請をしたものに交付し,特別の設備等を許可しないときは,別記第14号様式の通知書により当該申請をしたものに通知するものとする。
(使用者の遵守事項)
第12条 専用使用者は,次に掲げる事項を守らなければならない。
(1) 危険物等を持ち込まないこと。
(2) 定員を超えて入場させないこと。
(3) 所定の場所以外で火気を使用し,飲食し,または喫煙しないこと。
(4) 入場者の安全確保の措置を講じること。
(5) センターおよびその敷地内の秩序を維持するため必要な会場責任者および整理員を置くこと。
(6) 附属設備等を適切に取り扱い,許可を受けたもの以外のものを使用し,または移動しないこと。
(7) センターおよびその敷地内で,許可なく看板,ポスター等の掲示等をしないこと。
(8) センターの清潔を保つこと。
(9) その他センターの係員の指示に従うこと。
2 前項(第2号,第4号および第5号を除く。)の規定は,個人使用者について準用する。
(入場者の遵守事項)
第13条 入場者は,次に掲げる事項を守らなければならない。
(1) 所定の場所以外で飲食し,もしくは喫煙し,または火気を使用しないこと。
(2) 広告物の掲示および配布をしないこと。
(3) 騒音を発し,暴力を用いる等他人に迷惑をかけないこと。
(4) 所定の場所以外に出入りしないこと。
(5) センターの清潔を保つこと。
(6) その他センターの係員の指示に従うこと。
(立入り)
第14条 専用使用者は,係員がセンターの管理のため使用している施設に立ち入るときは,これを拒むことができない。
(損傷等の届出等)
第15条 専用使用者または個人使用者は,センターの建物,附属設備等を損傷し,汚損し,または滅失したときは,直ちに別記第15号様式の届出書により市長に届け出て,その指示を受けなければならない。
(使用後の点検)
第16条 専用使用者は,センターの使用を終えたときは,直ちにセンターの係員にその旨を申し出て,点検を受けなければならない。
(指定管理者に管理を行わせる場合の読替え)
第17条 指定管理者に条例第17条第2項の業務を行わせる場合における第3条,第4条,第6条,第7条,第11条および第15条の規定の適用については,これらの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と,第3条第1項中「別記第1号様式の」とあるのは「別記第1号様式に準じて指定管理者が定める」と,第4条第1項中「別記第2号様式の」とあるのは「別記第2号様式に準じて指定管理者が定める」と,同項および第6条第3項中「別記第3号様式の」とあるのは「別記第3号様式に準じて指定管理者が定める」と,同条第1項中「別記第5号様式の」とあるのは「別記第5号様式に準じて指定管理者が定める」と,同条第3項中「別記第6号様式の」とあるのは「別記第6号様式に準じて指定管理者が定める」と,第7条中「別記第7号様式の」とあるのは「別記第7号様式に準じて指定管理者が定める」と,第11条第1項中「別記第12号様式の」とあるのは「別記第12号様式に準じて指定管理者が定める」と,同条第2項中「別記第13号様式の」とあるのは「別記第13号様式に準じて指定管理者が定める」と,「別記第14号様式の」とあるのは「別記第14号様式に準じて指定管理者が定める」と,第15条中「別記第15号様式の」とあるのは「別記第15号様式に準じて指定管理者が定める」とする。
(補則)
第18条 この規則に定めるもののほか必要な事項は,別に定める。
附 則
1 この規則は,平成15年8月29日から施行する。
2 この規則の施行の際現にされている函館勤労者総合福祉センターの専用利用の承認の申請は,この規則の相当規定によりされたセンターの専用使用の許可の申請とみなす。
附 則(平成17年3月28日規則第14号)
この規則は,平成17年4月1日から施行する。
附 則(平成18年2月28日規則第6号)
この規則は,平成18年4月1日から施行する。
附 則(平成28年3月31日規則第49号)
この規則は,平成28年4月1日から施行する。
附 則(平成28年3月31日規則第51号)
この規則は,平成29年4月1日から施行する。
別記第1号様式(第3条関係)
別記第1号様式
別記第2号様式(第4条関係)
別記第2号様式
別記第3号様式(第4条,第6条関係)
別記第3号様式
別記第4号様式(第4条関係)
別記第4号様式
別記第5号様式(第6条関係)
別記第5号様式
別記第6号様式(第6条関係)
別記第6号様式
別記第7号様式(第7条関係)
別記第7号様式
別記第8号様式から別記第11号様式まで 削除
別記第12号様式(第11条関係)
別記第12号様式
別記第13号様式(第11条関係)
別記第13号様式
別記第14号様式(第11条関係)
別記第14号様式
別記第15号様式(第15条関係)
別記第15号様式