○郡上市ホームページへの広告掲載基準
平成19年3月5日告示第15号
郡上市ホームページへの広告掲載基準
(趣旨)
第1条 この告示は、郡上市ホームページ広告掲載要綱(平成19年配布告示第14号)に基づき、郡上市ホームページへの広告掲載基準について定めるものとする。
(規制業種又は事業者)
第2条 次のいずれかに該当する業種又は事業者の広告は、掲載しないものとする。
(1) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)で風俗営業と規定されている業種
(2) 風俗営業類似の業種
(3) 消費者金融の業種
(4) たばこの販売の業種
(5) ギャンブルに関するもの
(6) 個人の秘密を調査する業種
(7) 社会問題を起こしている業種及びその事業者
(8) 法律に定めのない医療類似行為を行う事業者
(9) 民事再生法(平成11年法律第225号)、会社更生法(平成14年法律第154号)による再生、更生手続中の事業者
(10) 各種法令に違反しているもの
(11) 行政機関から行政指導を受け、改善がなされていないもの
(掲載基準)
第3条 広告内容が次のいずれかに該当する広告は、掲載しないものとする。
(1) 人権侵害、差別又は名誉毀損のおそれがあるもの
(2) 法律で禁止されている商品、無認可商品及び粗悪品など不適切な商品又はサービスを提供するもの
(3) 他を誹誇、中傷又は排斥するもの
(4) 市の広告事業の円滑な運営に支障をきたすもの
(5) 公職の選挙又は投票の事前運動に該当するもの
(6) 宗教団体による布教推進を主目的とするもの
(7) 非科学的又は迷信に類するもので、利用者を惑わせたり、不安を与えたりするおそれのあるもの
(8) 社会的に不適切なもの
(9) 国内世論が大きく分かれているもの
(10) 消費者被害の未然防止及び拡大防止の観点から適切でないもので、次のいずれかに該当するもの
ア 誇大な表現(誇大広告)、根拠のない表示や誤認を招くような表現
例「世界一安い」「一番安い」
イ 射幸心を著しくあおる表現
ウ 人材募集広告については、労働基準法等関係法令を遵守していないもの
エ 投機性のある商品、サービス
オ 法令等で認められていない業種、商法又は商品
カ 国家資格等に基づかない者が行う療法等
キ 責任の所在が明確でないもの
(11) 青少年保護及び健全育成の観点から適切でないもので、次のいずれかに該当するもの
ア 水着姿及び裸体姿等で広告内容に無関係で必然性のないもの。ただし、出品作品の一例又は広告内容に関連するなど、表示する必然性があるときはその都度適否を検討する。
イ 暴力や犯罪を肯定し助長するような表現
ウ 残酷な描写など善良な風俗に反するような表現
エ 暴力又はわいせつ性を連想又は想起させるもの
オ ギャンブル等を肯定するもの
カ 青少年の人体、精神及び教育に有害なもの
(禁止表現)
第4条 次に掲げる表現を含んだ広告は、閲覧者の意思に反した動きや、誤解を与えるおそれがあるため、禁止する。
(1) アラートマーク
(2) いいえ、キャンセル、閉じるなどのボタン
(3) ラジオボタン
(4) テキストボタン
(5) プルダウンメニュー
(6) チェックボックス
(GIFアニメーション)
第5条 GIFアニメーションを用いる場合は、閲覧者に不快感を与えないようにするため、次のとおりとする。
(1) コントラストの強い画面の反転表示が継続するものは禁止とする。
(2) 画面の大部分の領域が切り替わるものは、切り替えの間隔を2秒以上とする。
(3) その他画面が点滅するものは、点滅間隔を40/100秒以上とする。
(郡上市ホームページとの区別)
第6条 次に掲げる表現は、閲覧者が郡上市ホームページの一部であるかのように混同するおそれがあるため、禁止する。
(1) 郡上市ホームページと類似する色調又は字体を使用するもの
(2) 閲覧者に郡上市の事業であると誤解を与えるおそれのあるもの
(色調)
第7条 文字色と背景色の明度差は十分にとり、また、背景に模様のある画像若しくは写真等を使用する場合は、文字の周囲を縁取るなどして、文字を読みやすくするように配慮しなければならない。
(解像度)
第8条 文字やイラスト等の解像度については適正な処理を行い、鮮明に見えるようにしなければならない。
附 則
この告示は、平成19年4月1日から施行する。