○名草ふるさと交流館条例施行規則
平成22年3月25日規則第9号
名草ふるさと交流館条例施行規則
(趣旨)
(使用許可の申請)
第2条 条例第5条又は第11条第1項ただし書の規定により施設等の使用許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、施設の使用にあっては名草ふるさと交流館使用許可申請書(別記様式第1号)を、施設に附属する器具等の使用にあっては名草ふるさと交流館器具等使用許可申請書(別記様式第2号)を市長に提出しなければならない。
2 前項の申請書は、使用予定期日の3月前から2日前までの期間に提出しなければならない。ただし、市長がやむを得ない理由があると認めるときは、この限りでない。
3 前2項の規定による申請の受付時間は、午前9時から午後5時までとする。
(使用の許可等)
第3条 市長は、前条の申請書が提出された場合において、内容を審査し許可することに決定したときは、使用料を納付させ(条例第7条第1項ただし書に該当する場合を除く。)、施設の使用にあっては名草ふるさと交流館使用許可書兼領収書(別記様式第3号)を、施設に附属する器具等の使用にあっては名草ふるさと交流館器具等使用許可書(別記様式第4号)を当該申請者に交付するものとする。
2 市長は、前条の申請書が提出された場合において、内容を審査し許可しないことに決定したときは、当該申請者に文書により通知するものとする。
(使用料の減免)
第4条 条例第8条の規定により使用料の減免を受けようとする者は、名草ふるさと交流館使用料減免申請書(別記様式第5号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。
2 条例第8条に規定する使用料の減免の基準は、次のとおりとする。
(1) 市が使用するとき 全額免除
(2) 名草地区の住民が地域振興を目的として使用するとき 全額免除
(3) 都市農村交流等のための団体がその目的のために使用するとき 全額免除
(4) その他公益上特に必要があるとき 市長が別に定める額
(使用の取消し及び使用料の還付)
第5条 施設等の使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、当該使用を取り消そうとするときは、名草ふるさと交流館使用取消届(別記様式第6号)に第3条第1項の規定により交付された使用許可書兼領収書及び使用許可書を添えて、市長に提出しなければならない。
2 条例第9条に規定する使用料の還付の基準は、次のとおりとする。
(1) 使用者の責めに帰さない理由により使用できないとき 全額還付
(2) 前号に該当しない場合において、使用予定期日の2日前までに前項の届出をしたとき 全額還付
(3) その他やむを得ない理由があると認めるとき 市長が別に定める額
(特別の設備)
第6条 施設等を使用する場合において、特別の設備を設けようとする者は、第2条の申請書に当該設備の内容を記載した仕様書を添えて申請し、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。
(使用者等の遵守事項)
第7条 使用者及び入場者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。
(1) 名草ふるさと交流館に収容する人員は、定員を超えないこと。
(2) 所定の場所以外において、許可なく火気を使用しないこと。
(3) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑となる物品若しくは動物の類を携帯し、若しくは連行しないこと。
(4) 他人に迷惑となる行為をしないこと。
(5) その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。
(細目)
第8条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。
附 則
この規則は、平成22年5月1日から施行する。
別記様式第1号(第2条関係)
別記様式第2号(第2条関係)
別記様式第3号(第3条関係)
別記様式第4号(第3条関係)
別記様式第5号(第4条関係)
別記様式第6号(第5条関係)